▼商品詳細
キノコ型ロケットに乗っているという伝説の国…まさにその木彫り?ラ〜ジ
[発売日]2.01105E+13
[商品特色仕様など]ハンドメイドすばらしいの一言
[販売価格]¥15,660(税込)
[割引または会員価格]¥14,094(税込)
  • ◆各企画割引品については会員登録後ログインすることで適用されます。
  • ◆割引クーポンがあるかブログで確認!
海を越えたある国には、ロケットという近未来の乗り物を操る人が住む村があるそうじゃ。

村人のおっさんA:「おぉ、聞いた事あるぞー、なんでもロケットという乗り物で空高く飛んで行くそうじゃ。」

村人のおっさんB:「ほぅ、んで、そのロケットやらはどんな形をしとるんじゃ?」

村人のおっさんA:「なんでも…キノコのようなマッタケのような…そんな形をしてるそうじゃよ」

村人のおっさんB:「おぉ、そうなんか…じゃ、その海を越えて一度見て乗ってみたいのぅ。おめぇ、行くか?」

村人のおっさんA:「そうさなぁ、でも海ってなんじゃ?見たこともねえべ。」

村人のおっさんB:「海ってのは、しょっぺぇ水の池じゃて」そんな軽いノリで、おっさん達は無謀とも思える旅に出たそうじゃ。『バシャバシャ…バシャバシャ』

村人のおっさんA:「しかしまだかのぅ」

村人のおっさんB:「あたりまえじゃろが、まだ陸地が見えんじゃろが」『バシャバシャ…バシャバシャ』

村人のおっさんA:「いやぁ、それにしても遠いのぅ」

村人のおっさんB:「んだなぁ、わしも体力の限界がきよるぞ」

村人のおっさんA:「あと、どのぐらいで着くんじゃろか?」

村人のおっさんB:「わからんのぉ」

そうやって、海の広さを知らない無知で行き当たりばったりの平泳ぎの旅は、おっさん達を幻のロケットに巡り会わせることは無かったそうじゃ。

と、そんな話は置いといて、ちょっとしたシャレでプレゼントに、飲み屋の話の種におひとつお買い上げ下さい。
これで、きっとあなたはその場の注目を浴びることでしょう。

サイズ:約H400XW140XD110※高さ(長さ?)40cm程あるドッカーンタイプです。
※この芸術作品の次回入荷は未定です。(サイズは普通に少々違いがあったりします)

送料サイズ[A]
在庫1本
[注文数]
商品レビュー(0件)
商品一覧
商品メニュー
HOME
合計 0円


(C) 2007-2017 baliwood.jp AllRights Reserved.
バリウッド・ファニチャー&ハウスウェアズ